メイン

2005年10月10日

灼眼のシャナV 電撃文庫


【あらすじ】
「――ゆかりちゃんは、ずるいよ」
吉田一美は、ついに対峙する。 最強の恋敵と。
「……なにが」
シャナは、初めて気づく。 この感情の正体に。

そのとき、彼女らを意図せず惑わす張本人・坂井悠二は、突然空を覆った不気味な影の存在に気づいた。
それはまさに、“紅世の徒”が放つ『揺りかごの園(クレイドル・ガーデン)』の妖しい封絶の片鱗だった。
シャナ、吉田一美、坂井悠二、そして“紅世の徒”。 それぞれの想いを秘め、闘いの幕が開く。
“紅世の徒”である、“愛染自”ソラト、“愛染他”ティリエルの目的とは……!?


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
灼眼のシャナIII/高橋 弥七郎・いとうのいぢ
Excerpt: 灼眼のシャナIII。 このシリーズはさすがに人気があるので、 なかなか古本屋では手に入らなかったのですが、 ちょうど先日行ったBOOK K(BOOK OFFではない)で 3巻と4巻が置いてあっ..
Weblog: インターネット時代の新・勉強法!
Tracked: 2007-02-17 15:54

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。