メイン

2005年10月10日

灼眼のシャナY 電撃文庫


【あらすじ】
人との交わりを知らずに生きてきたシャナ。 彼女は、一人の少年と出会い、今までにはない不思議な感情を覚えた。
人との交わりに自信が持てない吉田一美。 彼女は、一人の少年と出会い、心にちいさな安らぎを覚えた。
二人の想いが交錯する中、少年・坂井悠二は、何を思うのか――?
「調律師」と呼ばれるフレイムヘイズと“教授”と呼ばれる“紅世の王”。
彼らが悠二の前に現れるとき、すべてが動き出す――!


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/7946647

灼眼のシャナVI/高橋 弥七郎・いとうのいぢ
Excerpt: 灼眼のシャナ、6巻を読み終えました。 今回の話は、すっごく良かったです! というか、巻数が進むに連れて、キャラの深みが増してきて 良くなってきたと思いました。 後付け設定みたいなものが..
Weblog: インターネット時代の新・勉強法!
Tracked: 2007-02-17 16:03

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。