メイン

2005年10月10日

灼眼のシャナZ 電撃文庫


【あらすじ】
坂井悠二はすでに死んでいた――。
傷だらけの少年・カムシンから借りた片眼鏡(モノクル)によって、吉田一美の夢描いた未来は消え、信じていた世界は壊された。
吉田は絶望して、悠二から逃げ出した。不気味な花火が打ち上がるミサゴ祭りの喧噪の中、彼女はあてもなく走り続ける……。
不気味な花火――。それは、“紅世の王”たる“教授”とその“燐子(りんね)”ドミノが企てた“実験”の片鱗だった。“実験”により発生した、人を惑わす奇妙な波動が御崎市を襲う。
その時。シャナは、悠二は、吉田一美は――!


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/7946717

灼眼のシャナVII/高橋 弥七郎・いとうのいぢ
Excerpt: 灼眼のシャナVII/高橋 弥七郎・いとうのいぢ 第7巻を読み終えました。 いやー、相変わらず文章が上手で惚れ惚れします・・・Σ( ̄□ ̄;;) 見習わねば見習わねば。 わりと難解な設..
Weblog: インターネット時代の新・勉強法!
Tracked: 2007-02-17 16:06

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。