メイン

2005年10月10日

灼眼のシャナ[ 電撃文庫


【あらすじ】
女子高生に戻ったシャナは、悠二と共に再び“日常”を暮らし始める。しかし、彼への抑えきれない『どうしようもない気持ち』を身の内に孕んだままの彼女は、揺れ動く感情に支配される自分自身に戸惑いを隠せなかった。
そして、シャナと悠二の前に新たな敵が立ちふさがる。
――立ちふさがるもの。それは「期末試験」という“日常”だった。
緒方真竹が提案した『みんなで一緒にお勉強会』の行方は果たして……!


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
灼眼のシャナVIII/高橋 弥七郎・いとうのいぢ
Excerpt: 灼眼のシャナ、8巻 読み終えました〜。 感想 ■ヴィルヘルミナがまた登場ですか〜。 ■最後、終わり方が悲しいですね。もちろん悠二が死ぬことは ないと思うけど・・・シャナ、爆発しそうだ..
Weblog: インターネット時代の新・勉強法!
Tracked: 2007-02-17 16:10

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。