メイン

2005年10月10日

灼眼のシャナ\ 電撃文庫


【あらすじ】
――“ミステス”を破壊するのであります。
突然現れたヴィルヘルミナは、冷酷に告げた。
――破壊なんて……させない!
シャナは凍りつき、そして拒絶する。
強い絆で結ばれたはずの二人が、“ミステス”悠二を巡り対峙した。
シャナが“一個のフレイムヘイズ”と“一人の少女”の間で葛藤するなか、ヴィルヘルミナは無情の悠二破壊を敢行する――! 
激動の第IX巻!


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/7948723

灼眼のシャナIX/高橋弥七郎・いとうのいぢ
Excerpt: 灼眼のシャナの9巻/高橋弥七郎・いとうのいぢ を読み終えました〜。 ということで早速感想です^^ ■今回の敵(?)はヴィルヘルミナだったのね。 さすがに中盤〜後半、何度もムカつきました..
Weblog: インターネット時代の新・勉強法!
Tracked: 2007-02-17 16:12

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。